2007年10月31日

サイバーショット携帯はドコモで出るらしいですね

どうやらサイバーショット携帯はドコモから出るらしいですね。

ドコモ905シリーズ流出画像まとめ-今日も住所不定無職

パッと見、ごつい感じもしますが、まだまだ正式に発表されたもの
ではないし、発売はまだ先でしょうから、実際に手にとってみないと
どーなのかはわかりませんけどね。

まだ今の機種が1年1ヶ月で機種変の値段も高そうだし、そう考えると
MNPでEXLIMケータイでもいいかなと思ってます。

w53ca2.jpg

ただ別に写真好きな訳でもないのになんでそこまでカメラに拘るのか
は自分でも不明ですけど。


posted by ケン at 18:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話関連 | この記事へのリンク

佐野元春はやっぱり佐野元春

よくよく考えてみると私が佐野元春を好きでよく聞いていたのは
既に17〜8年も前のことです。

今でも別に嫌いになった訳ではありませんが、なんとなく聞かなく
なってしまっていました。

そんな彼が29日、佐野元春ブロガーミーティングなるものを開催し、
11名のブロガーの方を招待したそうです。

COYOTE - 第一回「佐野元春ブロガーミーティング」開催される - Moto's Web Server

その中で、長年在籍したソニーを離れ、自らのレーベル、DaisyMusic
を設立するに至る経緯がいくつかの参加された方のブログに紹介
されています。

[佐野元春] ネット時代の音楽ビジネスを語る-ナタリー
「佐野元春ブロガーミーティング」レポート-NETAFULL

私が一番、印象に残った言葉は彼の
レコードビジネスはロックンロール音楽に恩恵を受けている。
ロックンロール音楽を愛するリスナーにベネフィットを
落としていくということを最優先で考えなければならない。
しかしCCCDはどうだろうか。まるで大人向けの論理だ。
音楽を、楽しいロックンロールを売る側がおまえのことを
信じてないよ、と言う。その関係の中で流通される音楽は
クールなのだろうか、と自問自答して「違うな」と思った。
彼らが喜ぶことをやらなきゃいけない。
それでぼくは自分のレーベルをスタートした。

私が知らないだけで、他にもファンのことを第一に考える
ミュージシャンというのは、勿論、たくさんいるのでしょうが、
私が知る限りでは彼はミュージシャンとファンの関係について
とても深く考えている数少ないミュージシャンだと思います。

以前、大分前ですが、とんねるずの石橋貴明とB21スペシャルの
デビット伊東と定岡正二が組んだバンド「ANDY'S」に楽曲を
提供し、石橋貴明に佐野元春のライブに飛び入り参加したい
とお願いされた際に彼は、

「みんなが僕のライブに登場したら会場にいるファンはとても
喜ぶと思う。でも僕のライブに参加はさせない」


とはっきり断ったことがありました。私はそれを見たときに
彼は本当に自分のファンに対して真摯に真剣に対峙しているのだなと
とても感動した覚えがあります。

そしてそれから何年もたった今でも彼のそういった姿勢はまったく
変わることなく、ファンに対しているのだなと、改めて感動して
しまいました。

今日は久々に彼の曲を聞いて過ごそうかなと思います。


posted by ケン at 18:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

2007年10月30日

ちょっぴり気になるPerfume

最近のmegの曲をプロデュースしている中田ヤスタカ氏が
関わっているPerfumeがちょっと気になっています。



このポリリズムという曲は今のところ最新の曲なんですかね?
まぁ、正直、現時点ではちょっと気になってる程度なので全然、
詳しくないんですけどね。

なんか曲のタイトルだけ見ると「Computer City」とか
「Electoro World」とか「チョコレイト・ディスコ」とか
80年代の近未来小説のタイトルのような、ねぇ。まぁ読んだこと
ないですけど。

アルバム全部通して聞くのは若干、辛い気もするのですが、
何曲かはなんかいい感じです。今、ちょっと買おうかどうか
悩んでます。iTunesStoreで売られてないのがとても残念です。

まぁ買ったっきり聞かないという可能性も大きいですけど…





タグ:Perfume
posted by ケン at 18:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

2007年10月23日

岡村の新譜がそろそろ発売となりますが…

新譜と言っていいのかどうかわかりませんが、岡村靖幸の新しいアルバム
Me-imi~Premium Edition~ 」が明日、発売されます。



2枚組ですが、1枚は2004年の9月に出た「Me-imi」に先日出たシングル
「はっきりもっと勇敢になって」と「嵐の気分(着替えを持って全裸のままで)」
を足したもの。

そしてもう1枚は今までに岡村がプロデュースしたり曲を提供したりリミックス
を担当したものをまとめたもの。

やっぱりこれは新譜とは言えないですね。1枚目にしても新録って訳では
ないでしょうし。もう1枚も別に岡村が歌い直してる訳ではないですしね。

これって一体、誰に向けて出すCDなのでしょうか?

ちなみにもし、iTunes Storeで発売されるとしたら、西田彩栞とデーモン小暮と
黒田倫弘の楽曲だけは買いたいなぁと思いますが、こっちは販売されない
可能性もありますね。SONY所属のミュージシャンもいるし。

どうなるんですかね?
タグ:岡村靖幸
posted by ケン at 15:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

2007年10月19日

DRMフリーの楽曲値下げと欧米の大物ミュージシャンの選択

iTunes Storeで販売されていたDRMフリーの楽曲がDRM付き楽曲と
同じ値段に値下げされたようですね。日本でもこれにならって
値下げになったようです。

アップル、DRMフリーの「iTunes Plus」で値下げ-CNET Japan

これによって、アメリカのAmazonとの価格競争が激化するという
ニュースもあります。

AppleがDRMフリー全楽曲を値下げ、Amazon.comとの競争が激化-INTERNET Watch

DRMフリーの楽曲数も今まではEMIだけだったものが、多くのインディーズ
レーベルの楽曲を加え、200万曲を超えたということです。

ユーザーにとってみればiPod以外の機器でも利用出来て更に安く
なった訳ですから言うことなしな訳ですね。ただ単純に価格競争に
なってしまい、それによって仮にミュージシャンの取り分が少なく
なってしまうということになると、どうなんでしょね?

私は個人的にはやはり販売側、つまりアップルが値段を決定する
権利を持っているというのはあまりよろしくないような気もしてます。

本来はミュージシャンそれぞれが自分の楽曲の価格を決められると
言うのが一番いいですよね。今よりも安くてもいいから多くの人に
聞いてもらいたいって人もいるでしょうし、いやいや、もっと高くしたい
と言う人もいるでしょう。

最終的にその値段で買うかどうかを決めるのは私たち、ユーザーですから。

これは本当かどうかはわかりませんが、以前、漫画の販売価格で人気
があってたくさん売れる物は通常のサイズで値段も安くなっていて、
逆に一部熱狂的なファンを持つ作家や漫画の場合はちょっと大きな
サイズになっていて値段もちょっと高めになっているなんて話をどこかで
聞いたことがあります。

音楽もこの方式を利用してみるというのはどうでしょう?
まぁこれはこれで色々と弊害もあるので難しいかもしれませんけど。

えっと話がDRMから離れてしまいましたが、まぁ値段が下がるという
ことだけで言えば勿論、いいことですねぇ。ただ、安けりゃいいって
訳でもないよって感じです。

さて、次に先日、Radioheadが最新アルバム「In Rainbows」を合法的に
無料配布し、値段はユーザーがそれぞれ勝手につけてね。ということを
やりましたが、TechCrunch Japaneseによるとタダでもいいよと言って
いるにも関わらず、発売当日、24万人のユーザーがピアツーピアの
BitTorrentネットワークからダウンロードしたそうです。

音楽違法コピーには、タダでも勝てない-TechCrunch Japanese

つまりはRadioheadのサイトに行って登録することさえ面倒臭いという
ことなのでしょうか?うーん、折角、ミュージシャン側が新たな試みを
行っている訳ですから、ここは音楽ファンであればちゃんと敬意を払って
ちゃんと登録してダウンロードしましょうよ。その上でお金払うかどうか
は決めればいい訳ですからね。

ところで、欧米のミュージシャンはCDの売上よりもライブの売上で儲けて
るから別にCD自体はプロモーションに過ぎないという感じらしくて、ちょっと
前にもPrinceが新譜をイギリスだかフランスのどっかの新聞の付録として
つけたなんてニュースもありましたし、Nine Inch Nailsもレコードレーベルを
捨てたし、MadonnaとかOasisとかJamiroquaiとかも似た様な感じになってる
らしいですが…

そして壁は崩れはじめた―マドンナ、レコード業界を捨てる-TechCrunch Japanese

まぁこれはみんな大物だから出来ることで、いくらライブで儲けを出してると
言ってもやっぱり、新人さんとかさほど売れてない人はこんなこと出来
ないでしょうけどね。

ライブよりもCDの売上で儲けを出してる日本のミュージシャンではこれに
同調するのは勿論、難しいでしょうが、ミュージシャンと私たちユーザー
が直接的にやりとり出来るってのはやっぱり素敵ですよね。

 iTunes Store(Japan)





posted by ケン at 18:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod関連 | この記事へのリンク

2007年10月10日

約17年振りのByeByeBye

森若香織、今年2枚目のアルバムはゴーバンズ時代の「ByeByeBye」を
含むアコースティックセルフカヴァー集でした。



もう実際に発売されてから3週間ぐらいたってしまってますが、
最初に聞いた時は音もなんか良くないし、ジャケットの写真も
無理矢理引き延ばした様で雑な写真だし、なんだこれ?と思った
のですが、何度か繰り返し聞いてみると、音は悪いながらも
柔らかい雰囲気とライブ感。これはこれでいいもんだと思うように
なってきてます。

勿論、本当は今のオリジナルをバンド形式で聞きたいなと思うのですが、
これが今の彼女のオリジナルなのでしょう。

ところで確か今年はミニアルバムを3作出すって話をどっかで聞いた
ような気がするのですが、残り2ヶ月程で後、1枚出るのでしょうかね?
posted by ケン at 16:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

2007年10月05日

iPod touchの店頭販売は今日からですが、対応サービスは既に色々と

今日から、iPod touchの店頭販売が始まったみたいですね。
銀座のアップルストアには100人を超える行列が出来たそうで。

アップル、iPod touchの店頭販売開始、アップルストア銀座に100人超の行列-BCNランキング

当初は日本語Windowsに対応してなかったりと問題はあったものの、
やっぱり人気なんですねぇ…

ところで、店頭販売は今日ですが、ネット上での販売、出荷は勿論、
先月から始まっていて、既に手にしている人も多いと思います。

そしてそのiPod touchに対応するサービスも実はもう色々とあるの
ですね。

ニフティのソーシャルニュースサイト「@nifty トピックイット」、iPod touchでの表示に対応-CNET Japan
「iPod touch」でニュースを閲覧、「ナタリー touch!」を提供開始-Japan.internet.com
シックス・アパート、TypePadとMovable TypeをiPod touch対応に-CNET Japan
iPod touch向け「NHK時計」「NHKニュース」が公開-INTERNET Watch

ブログにソーシャルニュースに音楽ニュースにガジェットまで様々
なサービスがiPod touchに対応しているようですが、これは今後も
どんどんと増えていきそうです。

しかし、iPodは周辺機器といい、サービスといい、ほっといてもすぐに
様々なものが出てきます。アップルとサードパーティーといい循環に
なってますね。

Apple Store(Japan)


タグ:ipod touch
posted by ケン at 18:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod関連 | この記事へのリンク

2007年10月04日

Beautiful Worldの高揚感はなんともいえずよろし

先ほどはmegの新曲の話を書きましたが、遅まきながら宇多田ヒカルの
「Beautiful World」についても一言。

この曲も確か、iTunes Storeに出た時にすぐ購入したのですが、元々は
日清カップヌードルのCM曲「Kiss&Cry」の方が好きでした。でも今では
「Beautiful World」の方がずっといいですねぇ。

まず、It's only loveという部分から最初の「もしも願い1つだけ〜」と
続く部分のなんとも言えない高揚感(アレンジ)が素晴らしいです。

そして確か前にも私は彼女の歌詞はあまり好きではないと書きましたが、
この曲の中頃に出てくる「新聞なんかいらない 肝心なことが載ってない」
という部分にちょっとビックリしました。

全体的に若干、投げやりっぽい感じで、具体的な部分もあまりない歌詞
ですが、この部分だけなんかやたらとリアリティがあって耳に残ります。

それがすごく社会性があっていいとか、時代を切り取ってるとか、そんな
ことは私はあまり興味ないので、どーでもいいんですけど、やっぱりこの
フレーズはいいですねぇ。この曲の中にポッと出てくる感覚が素敵です。

ところで話変わって彼女の楽曲のダウンロード数が今年1月から先月末
までで1,000万件を超えたというニュースがありました。

EMI、宇多田ヒカル楽曲の年間ダウンロード総数が9月末で1,000万件を突破-BroadBand Watch

ただ、ほとんどは携帯電話経由でPC経由はこの中のわずか6%ちょいで
644,000件。

やっぱり日本は音楽配信に関しては携帯電話天国です。
posted by ケン at 18:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

めちゃくちゃかっこよろしなボールペン

Gizmodo Japanに出ていたのですが、このボールペンの格好良さは
ちょっと異常な程ですね。

freeride

Jean Pierre Lepine氏のデザインというこのボールペン。私はなんでも
かっこから入るタイプで実際にそれが使いやすいとか、機能的だとかは
結構、2の次なタイプなのですが、これは正にそんな私にぴったりの
ボールペンの様な気がします。

190ドルということですが、まぁボールペンに2万円以上出すのはちょっと
無理ですけど、欲しいですねぇ…

Jean-Pierre Lépine Paris pens and writing instruments tools

オーバースペック気味なボールペン
-Gizmodo Japan



posted by ケン at 17:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨 | この記事へのリンク

megの新曲はどっかで聴いたことあるようなないような…でも好きです。

もう結構、前にiTunes Storeで購入してたので忘れてましたが、
megの新曲「OK」はCDとしては昨日、発売だったんですね。

この曲からまたメジャーレーベルに戻ったようで、PVなんかもあるんですね。
別にインディーズでもメジャーでもどっちでもいいのですが、こういうのを
見るとやっぱメジャーでお金かけてもらった方がファンとしては嬉しい限りです。




よくよく考えれば彼女はデビュー当時から好きでしたが、動いてる
ところはほとんど見たことなかったのでこのPVで本当に久々に
歌って動いている彼女が見れてちょっと感動。

楽曲としてはまぁ、アマゾンのユーザーレビューにもあるように
彼女を知らない人がこのPVを見たらYUKIとかTommy february6っぽいね
と言うこと間違いなしの感じだし、どっかで聞いたことあるなぁという感は
否めませんが、でもいいです。YUKIよりTommy february6よりも私はずっと
好きです。

勿論、以前も書きましたが、スキャンティブルースとかDAWNとかの方が
全然、好きですけどね。

MEGWEB.JP


MEG - OK - Single - OK






タグ:meg OK
posted by ケン at 16:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。