2009年09月29日

甲斐バンドの新譜のジャケットはまるで演歌の様な…

目線を上げろ (初回盤)(DVD付)
甲斐バンド

B002L9QGMO
EMIミュージックジャパン 2009-10-21
売り上げランキング : 107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんかこのジャケット見ると演歌のジャケットの様なはたまたクレイジーケンバンド(よく知らないのでなんとなくだが)の様な…。とにかくちょっと異質な感じですね。

タイトルの「目線を上げろ」というのも甲斐らしいと言えばそんな気もするし、いやいや違うと言えばそんな感じもすると言う。ただインパクトもあるしいいタイトルだなとは思います。だってちょっと買いたくなったもの。本も含めて甲斐関連の商品で買いたいなぁと思ったのは久々な気がします。

後、「エメラルドの爪先」ってタイトルはちょっとすごくいい感じですね。おっさん臭いと言えばちょっとそんな気もしますが、やっぱりどんな曲なのかすっごく気になるし、「目線を上げろ」と同様にかなりインパクトもあるし、これまたいいタイトルです。

ところで「ひかりのまち」はまんま甲斐バンドなので良いですが、「ラン・フリー」はどうなんでしょね。ちゃんと聞いてみないとなんとも言えませんけど。それとやっぱり「TOKYO銀河」。甲斐が歌うとどんな感じになるのかちょっと楽しみです。

発売は10月21日。The Birthdayの「愛でぬりつぶせ」が14日なので10月は2週続けて楽しめそうです。

甲斐バンド-EMI Music Japan

甲斐バンドはまたEMIから出るんですね。前作の「夏の轍」はイーストウエストジャパン(今のワーナー?)ってとこだったし、やっぱりEMIの方が甲斐バンドって感じでいいです。なんとなくですが。




posted by ケン at 12:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

2009年09月15日

iPod価格の1.5倍程度のヘッドフォンがいいらしい

新しいiPod実はまだこの手にすることが出来てません。昨日、たまたま別の用事で地元の某家電量販店へ行ったのですが、そこでは先日発売された新製品はまるで存在しない形で、売られていたのは旧モデルのみでした。しかもNew iPodデビューなんてポスターがあり、つい最近出たばっかりですよってな感じで売られてたのでがっかり&しょんぼりです。

もう何年か前にも書きましたが、この辺の状況は相変わらず変わっていないようです。

ところで、今日こんな記事を見ました。

【麻倉怜士】iPodの音を劇的に向上させる! 高級ヘッドホン「ULTRASONE edition 8」
-日経トレンディネット

気になったのはこの部分。

僕はオーディオの記事でよく「組み合わせ」の重要性について書いています。それは何かというと、オーディオを楽しむためにはCDプレーヤーとアンプ、スピーカーの3点セットが必ず必要ですよということです。

ではこの3点セットにどのくらいの予算を割り当てればいいのか。僕はスピーカーに60%から65%を割り当てなさいと言っています。なぜかというと、スピーカーというのは電気信号を音に転換して人間の耳に聞かせる最終的な、そして大切なインターフェースだからです。
これは、実はそのまま携帯音楽プレーヤーの世界にも当てはまるんじゃないかと思っています。
携帯音楽プレーヤーはアンプとプレーヤーを一緒にしたようなものですよね。先ほどの話でいけば、35〜40%がアンプとプレーヤー、60〜65%がヘッドホン(スピーカー)だから、プレーヤー本体価格の1.5倍のヘッドホンを使えばちょうどバランスがいいということになるのです。本体価格の中にはヘッドホンの価格も含まれていますが、これはほとんどタダのようなものです。そうすると、プレーヤーが3万円だとすると、だいたい4万円から4万5000円くらいのヘッドホンがいいということになりますよね。


ここで紹介されているヘッドフォンは価格なんと15万円ということで私にはまったく手が出ませんが、では実際に新しいiPodに丁度良い価格のヘッドフォン(イヤフォン)はどの程度の価格のものなのでしょう?

新しいiPod classicは24,800円。これの1.5倍は37,200円ですね。そしてその価格帯でのヘッドフォン(イヤフォン)と言うと例えばbeyerdynamic Headphone DT 48 E/200

07BEDT4820_a001.jpg

お値段は39,480円(価格ドットコムでの最安値 9/15日現在 以下全て同じ)

イヤフォンだとSHURE SE530

se530.jpg

お値段は35,800円

次にiPod nano

14,800円と17,800円の2種類ですが、だいたい16,000円前後としてその1.5倍は約24,000円。この値段だとヘッドフォンだと元々の記事で紹介されていたULTRASONEのPRO550

Detail_PRO550.jpg

お値段は26,775円

イヤフォンだとM-AUDIOのIE30

IE_30.jpg

お値段が26,300円。

とりあえずこの辺りですね(ShuffieとTouchは割愛します)。ただどのヘッドフォン(イヤフォン)も私は使ったことがないので性能自体がどうとかは正直、わかりません。M-AUDIOだけは以前、別の機種を使ってましたので感想はこちらで(私に合わなかっただけで音自体はとても良いです。装着感とかさえ合えばとてもお勧めです)。

個人的にはこの辺の値段となると基本的に音質自体は悪い訳はないでしょうから後は低音が好きとか高音の伸びがあるものがいいなどの音の好みと装着感でしょうね。ちなみに元記事によるとお勧めは断然、密閉型だそうです。

iPodはどんどんと安くなっているので、その分、こういった部分にお金をかけるというのはいいかもしれないですね。

後、この記事では良い音質で楽しむための方法としてiTunesにCDをリッピングする際に非圧縮のWEV形式で48kHz/16ピットでやる。ただこれだとiPod nanoであれば容量的に厳しいのでロスレス圧縮を選択するといいということです。

まぁこれはねぇ、当然と言えば当然ですよね。より圧縮が少ない方が良い音で楽しめるのは当たり前の話ですから。ただもう1つの方法は私はまったく知りませんでした。それは「二度読み」というらしいです

音楽CDはプレーヤーで一度読み込んでからイジェクトしてもう一度読み込むと、音が緻密になるんです。iTunesで取り込むときも同じなので、ドライブにて一度読み込んだらイジェクトして、もう一度入れてということをやっています。

これって有名なんですかね。これだけだったら簡単だしすぐ出来るので今度やってみようかなと思いますが、ネット上で色々見てみるとオカルトじゃんってのが多いみたいですね。まぁ一度試してみます。
posted by ケン at 14:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod関連 | この記事へのリンク

2009年09月10日

結局、今の自分に一番合ったiPodはどれ?

昨晩、AppleのイベントでiTunes9とか新しいiPod nanoとか色々と発表されましたが、結果として下記が新しいiPodのラインナップです。

iPod classic 160GB 24,800円

classic09.jpg

iPod touch 64GB 39,800円
           32GB 29,800円
           8GB 19,800円


touch09.jpg

iPod nano 16GB 17,800円
           8GB 14,800円


nano09.jpg

iPod shuffle 4GB 7,800円
           4GB 9,800円(光沢ステンレススチール仕様)
                  2GB 5,800円


shuffle09.jpg

となっています。

【とりあえずちょっと感想】

今回の目玉はiPod touchではなく、nanoでしたね。ただnanoは今回のリニューアルで純粋な音楽プレーヤではなくなってしまったようです。ビデオカメラとかFMラジオとか歩数計とかそんなのiPhoneとかtouchに任せておけばいいじゃんって単純に思いますがどうなんですかね。

そう考えると現在のiPodの中でどれが一番、純粋に音楽プレーヤと言う名に相応しいかと言ったら、shuffleってことなんでしょうね。classicも動画再生機能があるし、一応ゲームなんかもできますしね。

まぁ別に純粋な音楽プレーヤじゃないからどうだとかそう言ったことを今更私がどうこう言ったとこでどうなるわけでもないし、多くの人が求めているからこそ、こういった形に進化してるんでしょうから。

ところでclassicはまた容量が160GBに戻ったんですね。確か前の120GBの前が80GBと160GBの2種類だったと思います。事前の噂ではclassicはなくなるなんて話も出てましたのでちょっと不安でしたが存続ということで良かったです。やはり大容量のiPodは必要ですよね。多分。

ただclassicなんて別称を付けられたしまった時点からずっといずれなくなるだろうとは思ってますので、今のうちに手に入れておいた方がいいかなと言う気もします。

後、ちょっとびっくりしたのが値段。特にtouchの値段がものすごく安くなってますよね。だって32GBが最初に出た時の値段はなんと59,800円ですよ。しかもわずか1年半前ですよ。2008年の2月に59,800円だったものが2009年の9月には30,000円も安くなってるなんて!。さらに今回はその倍の容量の64GBでさえ39,800円ですからね。この調子だと再来年ぐらいには128GBで49,800円ぐらいになってるかもしれないですね。

【で、結局私にぴったりのiPodはどれ?】

さて、現在私が持っているiPodは第三世代のiPod30GBです。既にiTunesに入っているライブラリ全てを入れることができなくなってしまっているのでこれをなんとかしたいと。もうずっと前から思っていましたが、今回の新たなラインナップの中に今の私に最適なiPodはあるのでしょうか?

まぁ単純に考えれば全てのライブラリを入れることができればいいのだからclassicかtouchの64GBの2つしか選択肢はありません。しかし、しかしなんかが違う。何かしっくりとこない。なんだろう?

容量、値段的にはclassicが最適。でも機能、デザイン的にはtouch 64GBが最適。ただtouch買うんだったらiPhone買った方がいいじゃん。だってネットに常時接続出来るし。でもiPhoneは最高でも32GBしかない。

ありゃりゃどれも帯に短し襷に長しだなぁ。ってことは来年の新商品待ちか、今のiPodが壊れない限りは結局新しいiPodは買えないのかなぁ…。

アップル、音楽関連イベントを開催--発表内容をライブカバレッジ:アップルセンター - CNET Japan
posted by ケン at 14:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod関連 | この記事へのリンク

マイナーだけどなんか好き4

今、正にアメリカでは新しいiPodが発表されようとしていますが、それとはまったく関係なくまたまた「マイナーだけどなんか好き」です。今回で4回目。

ただ今回は実はなんか好きといいつつも紹介する曲ぐらいしか知らず、他の曲は聞いたこともないし今、あったら買うかと言われても、うーんちょっと微妙です。

でも紹介する曲はすっごく好きだし、実際に1曲はiTunes Storeで買いました。ただ残念ながらもう1曲はiTunes Storeで売ってないし、アルバム買うってほど好きではないんですよねぇ。ってな訳でiTunes StoreかシングルCDで発売されることを切に願いながらご紹介を。

まずは稲葉喜美子の「日の出町ブルース」

稲葉喜美子 - ゴールデン☆ベスト~語り継がれる天才 稲葉喜美子の世界 - 日の出町ブルース

iTunes Storeで購入したのはこの曲です。色々と探したのですが残念ながらどの動画サイトにもこの曲はありませんでした。iTunes Storeで30秒だけ試聴できますので、ちょっとでも興味がある方はとりあえずはそれでなんとなくこんな曲だなぁと感じてみてください。

この曲を知るきっかけとなったのはつい最近で、以前、甲斐がNHK-FMでやっていたサウンドストリートで紹介されたんだかカラオケで甲斐が歌ったんだかってのを何かで読んでちょっと気になって探して見つけました。その後、色々と調べたら彼女の曲は結構、サウンドストリートで紹介されてたみたいですね。まったく憶えてないですが、なんとゲストで登場したこともあるみたいで、あの頃もっとちゃんと聞いておけば良かったなと今、ちょっぴり後悔です。

ところでこの曲、よくよく聞いてみると甲斐が研ナオコに作った「別離の黄昏」にとても似てますねぇ。特に出だしの部分。まぁどちらも良い曲なので良しとしますけどね。パクったというよりはうまくエッセンスを取り出したという感じです。興味ある方はこちらもどうぞ。

研ナオコ - 研ナオコ 名曲全集 - 別離の黄昏
 
ちなみに彼女はこんな曲も歌ってます。
 


なんか彼女の曲は一聴するとただ古臭いだけの歌謡曲って感じですが、実はすごくセンスあるし声も全然古臭くないし洗練されてますよね。まぁちょっと偉そうな言い方ですが。

もう一曲は彩恵津子の「リアウィンドウのパームツリー」

これは残念ながらiTunes Storeでは販売してないんですねぇ。彼女の他の曲はいくつか売ってるんですけどね。YouTubeにはあります。こんな曲です。



これはもう20年ぐらい前のドラマ「親にはナイショで!」の挿入歌でねこのドラマが好きだった私は主題歌である安全地帯の「デリカシー」もiTunes Storeが日本でオープンした直後に購入してますが、それ以上にこの曲が好きです。彼女の声はもう本当に素晴らしいですね。

このドラマの最終回だったか1つ前だったか忘れましたが柳沢慎吾が先輩から車を借りて安田成美の部屋探しに付き合っているうちに夜になってしまって、車の中で二人でコーヒーかなんか飲みながら会話をするシーンで流れるこの曲がまた良いのですよねぇ。まぁドラマ見たことない人にはなんのことやらさっぱりでしょうが。

ところで今回、「日の出町ブルース」は購入出来たのですが、これ1曲だとちょっと淋しいなぁと思いもう1曲購入した曲があります。これもかなり古い歌ですが、丸山圭子の「どうぞこのまま」です。

丸山圭子 - All for Your Love 丸山圭子ライブセレクション 1976-2006 - どうぞこのまま

まぁこの曲は大ヒット曲なのでマイナーではないですけどね。もうイントロからメロディ、ボーカル、歌詞と何処をとっても素晴らし過ぎる正に名曲ですね。今、iTunes Storeを見たら松山千春、研ナオコ、岩崎宏美やクロード・チアリまでカヴァーしてんですね。



いやぁ本当に素晴らしい曲です。

稲葉喜美子と丸山圭子は艶があって色気のある声。それに対して彩恵津子は使い古された言い回しではありますが透明感があって張りのある声。ただ硬質ということではなく、透明感を持ちつつも柔らかさやぬくもりをちゃんと感じられる透明感というのでしょうか。ちょっと矛盾してますが、まぁとにかくこの3人はみんな声が素晴らしいねということで。

●過去の「マイナーだけどなんか好き」

マイナーだけどなんか好き
マイナーだけどなんか好き2
二人の香織(マイナーだけどなんか好き3)
posted by ケン at 02:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク

2009年09月02日

久々に岡村靖幸の弾き語り



とってもとってもとっても久しぶりに岡村靖幸の弾き語りを聞きました。
今度、出所してくるのはいつなんでしょうかねぇ…。

彼にはとりあえず死なないように気をつけてもらって、その上でまたいつか見ることが出来たらいいなぁと今でも思ってます。

仮に二度と復帰することが出来ないとしても今までこんなにもたくさんのものを貰っているのでそれだけでも私は生きていくことが出来ますけどね。まぁまずはどんなに大変であろうと薬からちゃんと抜け出して欲しいなと切に願います。
タグ:岡村靖幸
posted by ケン at 11:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。