2010年04月30日

今更ながら相対性理論のシンクロニシティーンについて

シンクロニシティーン
相対性理論

B0035G0IS0
みらいrecords 2010-04-07
売り上げランキング : 43
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1. シンデレラ
2. ミス・パラレルワールド
3. 人工衛星
4. チャイナアドバイス
5. (恋は)百年戦争
6. ペペロンチーノ・キャンディ
7. マイハートハードピンチ
8. 三千万年
9. 気になるあの娘
10. 小学館
11. ムーンライト銀河

チャイナアドバイスとかマイハートハードピンチとかね、気がつくとつい口ずさんで
しまう曲を作るのがとても上手い。もちろん、やくしまるえつこのボーカルがあってこそ
ではあるものの、それにしても上手いなぁと思ってしまう。

そして上手いと言えばボーカルが前作に比べとても上手くなっている気がする。
彼女のボーカルの不安定な感じがこのバンドの良い意味での魅力の一つでもあったけど
でも、繰り返し聞いているうちにやっぱり癖になってしまう。

でもボーカルだけの力ではない。何故なら彼女が別ユニットだったり他の人と組んでやってる
曲はちっとも面白くないから。やはり相対性理論というバンド自体の面白さあって故の彼女の
ボーカルということなのだろう。

多分、まだ4月ではあるものの、今年一番多く聞くアルバムになるであろうと今は思う。


posted by ケン at 01:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。