2013年02月18日

サブスクリプションサービスがどうにも中途半端な感じ

少し前のニュースですが昨年7月にスタートしたソニーの音楽クラウドサービス、Music Unlimitedの月額利用料金1,480円が3月から980円に値下げになるそうですね。

ソニー、定額制音楽配信「Music Unlimited」値下げ 980円/30日に-ITmediaニュース

ところで最近の20代以下の方々は洋楽というものをほとんど聞かず、ましてやCDを購入するなんてもってのほかなんて記事も多い様ですが、そんな中でこのソニーのサブスクリプションサービスは今後、どうなっていくのでしょう?

月額980円というと例えばiTunesで1曲250円で曲を購入すると考えると約4曲買えますね。CDをまったく買わないという方々が毎月4曲購入できる金額を必ず聞きたいシンガー、曲があるとは限らないサブスクリプションに、しかも彼らのまったく聞かない洋楽が中心のサービスにお金を払い続けていくとはちょっと考えられませんね。

ちなみに私はサービス開始当初から一応、利用し続けていますが自宅など固定された場所ならまだいいものの電車移動はもちろん、徒歩程度の移動でもすぐにプッツンプッツン切れてしまう現状をまずなんとかしてもらいたいなと思ってます。iPhoneでもAndroidでも同様です。

これさえなんとかなれば個人的にはかなり良いサービスだなと考えてるんですけど。ただ先述した様な現在の日本の状況を鑑みるとこのサービスもそんなに長続きしない様な気もしますね。




posted by ケン at 16:50 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音響、音楽関連 | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。