2006年08月24日

Appleは損して得を取れるのか?そして大事なのは値段ではないんすよ。

AppleはUI特許論争でCreativeと和解して1億ドルを
支払うことになったそうです。

この件に関しては以前にも何度か書いてますが、Apple側と
しては今、和解して1億ドル払った方が裁判が長期化した時の
損失よりも少ないと踏んでの結論なんではないでしょうか?
と思いますが、まぁこの辺は素人考えなので詳しいことは
わかりません。

しかし正直、Creative側はこんな他でもたくさんありそうな
UIで1億ドルを得られたのですから、やっぱ特許ってのは
大事なんですねぇ…なんでも取っておくべきですね。

アップル、UI特許論争でクリエイティブと和解--1億ドルを支払いへ-CNET Japan
Apple敗北――Zen特許訴訟でCreativeに1億ドル支払いで和解-ITmedia

話し変わって2〜3日前にSunDiskがiPod nanoに対抗して
8GBのMP3プレーヤを出して来たというニュースがあり
ました。値段はnano4GBとほぼ同じということで、かなり
のお得感ありという感じですね。

Sansa e280

ただ、ちょっと待ってください。今までも様々なメーカー
でiPodに対抗して値段を下げてきたプレーヤはいくつも
ありますが、それでiPodのシェアを少しでも奪えたプレーヤ
はあったでしょうか?答えは否ですよね。

つまりはiPodユーザーのほとんどは値段が問題ではない訳です。
これも何度か書いてきましたが、プレーヤを手に取った時の
ワクワク感やドキドキ感というのは、これはお金にはかえられ
ません。(勿論、安いに越したことはないですけど)

Apple以外のメーカーには値段以外のところで勝負して欲しい
ものですが、それはやっぱり現状ではムリなのでしょうかねぇ…

サンディスク、iPod nano対抗8Gバイトデバイスを発表-CNET Japan



posted by ケン at 23:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod関連 | この記事へのリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。