2008年05月02日

それでも岡村靖幸の復活を待っています。

本日、東京地裁429号法廷において岡村靖幸の初公判が開かれたそうです。

岡村靖幸、初公判で起訴事実認め自作の詩を朗読-ナタリー

この記事によると、18年前から大麻、16年前からコカイン、そして12年前
から覚醒剤を使用していたとなっています。

18年前というと1990年。つまり「家庭教師」を出したあたりから彼の
薬物依存が始まっているということになります。

随分前からやってたんだなという驚きよりは、まぁ彼の「家庭教師」
以後の活動履歴を考えれば成る程なと頷ける部分の方が大きいですね。

懲役2年6ヶ月という求刑が重いのか軽いのか、3回目の逮捕ということを
考えると軽いのかなという気もしますが、その辺の法律に関して私は
まったく無知なので、正直よくわかりません。

彼は今後に関して
次回の刑期を終えた後はすぐに仕事を再開せず、カウンセリングと治療
を受け薬物依存を完治させたい。その後また音楽活動をしていきたいと
供述した。
と語っているようですが、どうなんでしょうね?

ただ、ファンとしては、どんなことがあろうと、やっぱり復活を願って
しまいます。もう一度、何歳になろうと、今度こそちゃんと更正して、
また素晴らしい楽曲を聴かせてもらいたいと心から思います。

【関連記事】
岡村靖幸のタワーレコードライブがニコニコ動画で公開されていました。
Myspaceの岡村靖幸ファンはみんな優しいねぇ…
岡村靖幸はもう2度と復活できないのか?


タグ:岡村靖幸
posted by ケン at 18:36 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD、DVD | この記事へのリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。