2007年11月14日

放課後少年ではなく下町少年が欲しい

私は基本的にゲームはやりません。
夢中になった物と言えば、ダビスタとスーパーマリオワールド
ぐらいでしょうか。それも一時期だけで今はほとんどやって
いません。

そんな私ですが、PS2(だったっけ?)用に出た「ぼくのなつやすみ」
がちょっと気になっていて、そのうちPSP版が出た時は正直、PSP毎
買おうかなぁと真剣に悩んでいました。

ぼくのなつやすみ

しかしまぁ、多分すぐに飽きてしまうだろうし、他のゲームには
興味なかったしで、いつしか忘れてしまっていたのですが、なんと
似たようなコンセプトの「放課後少年」というゲームが来年1月に
ニンテンドーDS用のソフトとして出るらしいじゃないですか?

放課後少年

こちらは夏休みではなく、タイトル通り学校が終わった後の放課後を
友達と過ごしていくというストーリーですが、肝としては引っ越しが
決まってしまい、その町での思い出を作るという部分ですかね。

年代も「ぼくのなつやすみ」同様、昭和50年初頭、場所もどこかの
田舎町ってとこも一緒ですね。

まぁ年代は別に一緒でもいいんですけど、場所まで似せなくても
いいような気がするんですよねぇ。向こうは田舎町なんだから
こっちは東京の下町にするとかすれば差別化出来るし、昭和50年初頭
だったら別に下町でも充分にノスタルジー感たっぷりのゲームが
出来たと思います。

でもニンテンドーDSは持っているので、これはちょっともしかしたら
買ってしまうかもしれないです。それにしても「放課後少年」って
タイトルはどうにかならないもんですかね?


posted by ケン at 18:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。